チョベリグ⇒道中

MHW(モンスターハンターワールド)、MHW:IB(モンスターハンターワールド:アイスボーン)、MH:RISE(モンスターハンターライズ)の攻略、情報をまとめているブログです、自由気ままに活動中

カテゴリ: 話題

過去作から、たびたび登場しているモンスターな気がしますがどうなんだろう?



※奇怪竜だけに、ホラーゲームに出てきそうな感じではある
奇怪竜フルフル
ⒸCAPCOM

【奇怪竜フルフル】
過去作では、MH、MHG、MHP、MH2、MHP2、MHP2G、MH4、MH4G、MHX、MHXXに登場しています、そして最新作の「モンスターハンターライズ」に登場予定です

こうして見ると、4以外はプレイしてきたので、シリーズ通して戦ってきたハズですがあんまり戦いまくった印象がないですね

雪山か洞窟で戦っていたのが印象的で、装備が可愛い感じだった記憶があります、それにしてもバイオハザードに出てきても違和感はなさそうですよね

モンハンライズでどんな戦いができるのか楽しみです



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

登場するなら嬉しい話ではある



※どうなんだろう?
ElzlM6hVMAAv0qy
ⒸCAPCOM

現在開催中のセリエナ祭/ホラーナイト、アステラ祭/豊穣の宴は11月6日(金)8:59まで、となっていますが、開催期間が終了した後の予定が公開されていません

大型無料タイトルアップデートは第5弾までと言われていたので、これ以上のアップデートは無いとも言えます、しかしながら1プレイヤーとしては、『モンスターハンターライズ』2021年3月26日(金)発売予定までの間、何かしらのイベントなりアップデートなりがあると嬉しいと思っていますが、難しいんだろうか?

モンハンライズが発売されるまでの期間中は、今までの各種祭連続開催やほぼ全イベントクエスト解放といった事はありそうだとは思います、それにあわせて歴戦王アン・イシュワルダや歴戦王悉くを滅ぼすネルギガンテなどがあったら嬉しいですね(願望)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回はテント内の情報



※すごくまったりしていて良い感じだな
ⒸCAPCOM

【映像見聞録:第四回】テント内の仕様
テント内ではアイテムBOXメニューでアイテムの入れ替えや装備の変更が可能となっており、今後公開予定のオトモボードの利用や食事が行える模様

ほぼ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』と同じ仕様みたいですね、翔蟲(かけりむし)もテント内を飛んでいます、ハンターとオトモアイルー、オトモガルク、翔蟲はかなり仲が良さそう、今後の情報が楽しみですね



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まずは「モンスターハンターライズ映像見聞録」について



※『モンスターハンターライズ』の魅力を撮りおろしの短編動画で紹介する企画の事で、毎週火・木曜日に投稿される予定です
ⒸCAPCOM

【映像見聞録:第一回】オトモガルクとのふれあい
まず、オトモガルクが可愛い、待てだったり、お手をしたり、ハンターが撫でたりといったふれあい系のアクションが可能みたいですね、他にも種類が増えたりするんだろうか?



ⒸCAPCOM

【映像見聞録:第二回】オトモアイルーとの触れ合い
今回は、歴代から登場するネコのオトモアイルーとの触れ合いになっています、猫じゃらしを使ったり、高い高いしたり、謎のナイスアクションをしたりと、楽しめそうなアクションが用意されている模様



ⒸCAPCOM

【映像見聞録:第三回】
翔蟲を使い、ダメージを受けたときに体勢を立て直す「翔蟲受け身」があります、高速移動が可能な「疾翔け」、武器固有の技を繰り出す「鉄蟲糸技」など様々なアクションを行うことができます、といった内容になっています、ぶっ飛ばされた後の受け身から即、攻撃に転じているので結構活用する事になりそう、高速移動は結構大事かもしれない



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あったら盛り上がりそう



鬼滅の刃
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable © TOHO CO., LTD. All Rights Reserved.

現在映画で話題沸騰中の「鬼滅の刃」ですが、モンハンシリーズとコラボしないのか気になりました、世界観的に「モンスターハンターライズ」と合いそうですがどうなんだろう?

以前「モンスターハンター エクスプロア」とコラボをしたみたいなんですが、その時はどうだったのか気になるところではあります

コラボなどを行ってゲームの活性化を促し、盛り上げていってほしいと個人的に思いますね



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ